フローリングの汚れや小さな傷の補修

フローリングは、湿気にので水拭きをするときには、固く絞った雑巾で、風通しを予期して手早く行うことがポイントです。



フローリングの継ぎ目から水がしみこむと表面の化粧板のそ反りやはがれの原因となります。

汚れ落としに重曹を使用する際に、表面をゴシゴシこするとワックスがはがれ、素地が傷つくことがあります。



また、変色する場合もありますので、目だたないところで事前に試してから行うことも必要です。
フローリングの食べこぼしなどの場合には。



こぼしたものが乾燥してから、盛り上がっているのであればヘラかプラスチック製のカードなどで板目に沿ってこそげ落とします。


その後、洗濯機などで脱水した半乾きの雑巾で、板目沿ってふき取ります。

べたつきが取れない時には、水で薄めた中性洗剤液をつけて、束薬ふき取り、さらに脱水した雑巾で拭きます。
残っている水分を完全に乾かすために窓を開放して乾かします。

隙間に詰まった食べ残しがある場合には、コインに布をかぶせてこすり落としたり、竹串やヘヤピンなどでかきき出します。

汚れがクレヨンの場合には、ドライヤーの温風で、こびりついたクレヨンを柔らかくしてから、フリースをカットし、何もつけずにこすります。

それでも取れない場合には汚れに重曹を振りかけて、湿らせたスポンジで軽くこすることで落とせます。

落とした後、酢1、水3の割合で作った酢水で拭きます。

フローリングに、引きずった小さな傷や引っ掻き傷の補修には、床と同色の補修ペンで目立たなくなるまで塗り重ねます。


深くえぐれた傷の補修の場合には、クレオンタイプの補修剤を削り指でこねて埋め込みます。
その後、布を巻いた木片でこすり、表面を平らにします。

仕上げに、ワックスを塗ります。

top