フローリングの補修のやり方

中古でマンションを手に入れた方が特に対象になるかと思いますが、フローリングの傷の補修はどうしても必要になることが多いと思います。

あまりにも全体的にひどい場合は全面張り替えという選択肢もありますが、費用の点で大変です。
そういう場合はすでに入手する前にチェックして価格交渉をしておく必要があります。



フローリングの具体的な補修の方法としては、傷の部分に色の似た柔らかいクレヨンみたいなもので埋めて上からニスのようなものでカバーして目立たなくする、というのが一般的かと思います。


小さい傷や目立たないところは補修キットがDIY販売店などで手に入りますので、自分でやっても良いでしょう。深い傷や目立つとことは色の調合や傷を埋める作業が難しいので専門業者に頼むのが良いと思います。



フローリング全体を光沢を持たせるためにすでにコーティングしてある場合もあります。
その場合はそのコーティングをした業者を巻き込む必要があります。
最後の仕上げにコーティング剤を塗って見た目のバランスを取る必要があるからです。ただフローリングのコーティング剤にも油性と水性があるので、自分の指示で業者を決めて塗った場合はそれが分かっているからいいですが、中古で手に入れた場合は何が塗ってあるのかのチェックから行うことになります。


コーティング自体は見た目が良いですし、掃除なども手軽になるのでやりたくはなりますが、中古で手に入れた場合はまず塗ってあるのか無いのか、塗ってあった場合は油性か水性か、場合に因ってが全面塗り替えが可能かということも専門業者と相談しましょう。

新たに塗る場合や全面塗り替えの場合は傷の補修が終わってからということになります。



新築を購入した後に傷の補修を行いたい、という場合は上述のことをチェックしながらやると良いでしょう。

top