フローリングの補修の種類

フローリングの補修を施す際は、自分で施工するか業者に依頼する方法があります。


例えば自宅のフローリングの経年劣化で痛んだ補修が目的の場合で、建築当時のように新しさを取り戻し、見栄えや質感を維持するためには、最初に家を建築した時に施した塗装の種類を知っておく必要があります。


自然塗装(クリアオイル)だけの塗装であれば、同じメーカーの液体を探すのは難しくても、植物由来のクリアオイルなどは今の時代も必ず需要がある製品なので、ホームセンターなどで購入することが可能です。

また、補修するフローリングが自宅ではなく、大型施設のような建物の場合は業者を呼ぶことになります。


その中でもフローリングの補修案件が多いのは学校の体育館やスポーツ系の多目的大型建造物です。

体育館となると、スポーツシューズで素早く動き回る使用用途が想定されるため、床の塗装にはかなり気を使う必要があります。



仕上げに施すウレタンやワックス塗装も業者に頼んだ方が見栄えも精度も良いです。



補修と言っても、事故で床に穴が空いた場合や傷が深いダメージ箇所が数え切れない程ある場合は、フローリングごと新規で取り替える施工をしていくことになります。



その際は、業者に連絡をすると、現在使用している素材と全く同じ素材をすぐに取り寄せてもらうことが可能です。
もしくは修復施工より少し値が張る場合もありますが、心機一転して素材からカラーまで新規で導入することも可能です。


top